殿のBlog

ダイエット開始から158ヶ月目の今日の殿

ジャパンラーメン高嶋

カレーラーメンジャパンラーメンのカレーラーメンが無性に食べたくなって行ってみたが休みだった。いつもは野菜入り醤油ラーメン、今日のようにカレーラーメンの時は朝から無性に食べたくなってたまらなく行くパターンが多い。ところがここのマスターはあまり商売に燃えてないというか自分のペースでお店を開けてるので休みが非常に多い。(たぶん週2日は休みだったはず)しかも営業時間も18時か19時で閉店という短さ。まぁそこがいいんだけど。今日のように行ってみたけど休みだったということは10回中8回ぐらいのペースで起こっていることなのであまり動じないんですが、悔しいのでブログに書いてあげました。ガハハ

(この前マスターがこのBlogをどこで探したのか見た形跡があったので)

Blogランキング

ぶる

050716_1803~0001.jpg長岡天神駅すぐの炭焼きステーキ『ぶる』。
ここ長岡(長岡京市)では数少ない洋食屋さんとして人気だ。
ここのオムカレーが美味いとの評判を聞きつけて行ってみた。

ビーフシチューのような感じのまろやかなカレーでした。
その他てりやきハンバーグや炭焼きステーキが人気。


ランキング
有名ブログランキング青10万円ゲット

中華そばの店 ますたに

京都の代表的な存在 元祖背脂醤油ラーメン

050716_1429~0001.jpg醤油とんこつ・背脂・一味唐辛子・細固麺…京都ラーメンの基本である。そして京都ラーメンの基本となるのが『ますたに』である。店に入ったのが15時だった事も幸いし行列は無かった、が店内は満席、売り切れてなくて良かった。




■中華そばの店 ますたに
住所:京都府京都市左京区北白川久保田町26 
電話:075-781-5762
営業:10:00〜19:00、日祝10:00〜18:00
定休:月曜、第3火曜
席数:23席
――――――――――――――――――――――――――――――
ランキング
ニンキブログ ブログランキングサイト 有名ブログランキング青にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 ダイエットブログへ

紅虎餃子房

050715_1914~0001.jpg中国家常菜『紅虎餃子房』の名物「北京式げんこつ肉のすぶた」。濃厚な焼き豚を団子のように丸めたものと玉葱・山芋に真っ黒なタレがかかっていて一際目を引く一品。


 


 

ランキング

ピープル

050715_1321~0002.jpg加古川市内を走る東行き一方通行の国道2号線とバイパス加古川インターからくる南北の筋の交わるところ(大川町交差点)から南へ10mのところに知る人ぞ知るハンバーガーショップ『ピープル』がある。ここは深夜03:30まで開いていてずっと気になっていた。地元民に聞くと皆口を揃えて「美味いよ、安いし」と言う。もうこの場所で30年もやっていて加古川市民なら誰もが知ってるお店なんだとか。姫路で言う「ぐじゃ」や「四川ラーメン」みたいなものだと思った。そのピープルに今日ついに行ってみたのです。人気のマヨバーガー(左)150円とホットドッグ(右)100円を食す。ベリー美味い!確かに噂通りハンバーグは半分サイズだがそんなのは気にならない。その分マヨネーズが大量に入ってる。ホットドッグはハンバーグ大きかったしすごく満足。どうやらJR高架化の影響で立ち退き(閉店)の危機にあるらしくオバチャンも少し悲しそうでした。これから毎日行ってオバチャン(夜はオッチャン)を応援しよう!

 うむ!満足じゃ!(`〜;´)

■ピープル加古川店
住所:加古川市加古川町寺家町23-1
電話:0794-24-9039
営業:午前11:30〜午前3:30
定休:年中無休
席数:15人程度
――――――――――――――――――――――――――――――
ランキング
有名ブログランキング青にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 スイーツブログへ にほんブログ村 ダイエットブログへ

殿
殿のBlogのハラヘタ




コラムニスト・書道家・俳優
・プロイラストレーター・殿・
グラフィックデザイナー・GB
・漫画家・美食家・ライター・企画開発室長・営業マン・負組など数多くの顔を持つ。
殿のコラム
殿のコラム2



ダイエット開始から158ヶ月目の今日の殿のコラム
ビットコインの購入なら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
殿のVALU
殿のVALU https://valu.is/15800








殿の漫画

どっちが強いか名勝負!






どっちが強いか名勝負!!
やくざ・プロレスラー・殺人鬼など、強くて当たり前の人達にコックさんや野球少年など弱者が勝負に挑む。

山中英暉(著)
A5判(15cm×21cm)
本文4ページ
発行1981年
出版:芳志出版
Archives
QRコード
QRコード
プロフィール

殿

Categories
kindle
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ