殿のBlog

ダイエット開始から158ヶ月目の今日の殿

瓢たん元町本店@神戸 元町 餃子

050528_2041~0001.jpg神戸でもう1軒餃子を食べるなら
瓢たん 』ですね。

赤萬に比べてちょい大きめの餃子に黒い味噌が特徴。
それに早ければ18時には閉まってる赤萬に比べ遅くまで開いてるのも嬉しい。
どうしても赤萬と比較してしまいますが味は赤萬、それ以外(オバチャンの愛想・営業時間)は瓢たんに軍配が上がる。
ま、瓢たんも美味いから好きですが。

ただ瓢たんは店が非常に狭いので譲り合いやらが自然に会話となって他のお客さんとのコミュニケーションも多くなるところが情緒があっていい。

 うむ!満足じゃ!(`〜;´)

■ぎょうざの店 瓢たん 元町本店
住所:神戸市中央区元町通1-11-15
電話:078-391-0364
営業:11:30〜22:30
定休:第1・2・3月曜、第4火曜(祝日は翌日休)
席数:カウンター8席
駐車:なし
交通:JR元町駅から徒歩1分
――――――――――――――――――――――――――――――
有名ブログランキング青 にほんブログ村 ダイエットブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 スイーツブログへ ランキング
食べログ グルメブログランキング

赤萬

赤萬

神戸元町といえば「赤萬」の餃子

いつも行列ができている餃子専門店の老舗
神戸特有の「味噌」をつけて食すタイプ。
1人前7個入りで毎回5〜6人前はいただく。
注意点は1度オーダーすると追加オーダーができないので最初に食べる量を決めないといけない。
持ち帰りも「生」「焼き」と2種類あるので便利。


ランキング
有名ブログランキング青10万円ゲットにほんブログ村 料理ブログへ

スタンダードカレー

546cd9ef.jpg加古川市の本社近くの「スタンダードカレー」何年か前にオープンした時に行ってみようかすごく悩んでやめた。オシャレな建物だけど(ロゴも好き)味はなんとなくチェーン店ぽくてイマイチそうな雰囲気があったので。もっと汚い建物の方が美味いみたいなイメージがあっていつも損をする。最近スタッフから「美味い」と聞いて行ってみたが実は美味かった。私が自ら札幌まで足を運んで研究に研究を重ねて完成させたオリジナルスープカレーの美味さには若干劣るがそれに近い味。1度食べるべきです。20円だったか(なんせ格安)プラスでサラダやドリンクが付いたお得なセットもあったはず。聞くと神戸元町に最近フランチャイズ店がオープンしたとか。


 

ランキング

ダイニングBAR「SAKURA」

050527_1716~0001.jpg16:00、大阪ミナミ(四ツ橋インターすぐ)のSAKURAで遅めのランチをいただく。会社に近いという事もあってオープン当初からココにはしょっちゅう行っている。先日、お客さんとディナーで行った時に自家製のチキンの燻製をもらったのだが、それが美味すぎ!今日店長にお礼を言っておいた。


 


 

ランキング

駅そば

050526_1938~0001.jpg前回あれだけ駅そばで和そばをオーダーする奴は邪道だとか言っておきながら今日は「天ぷら和そば」をオーダーしてみた。ダイエット中の俺に駅そばはちょっとキツいかなと思って(^_^;)エヘヘ。スープは濃いめの昆布だしで結構イケる、ところが肝心のそばがトロッとしてて完全に茹で過ぎ。かき揚げ入りなので大してダイエットにもなっておらずこれで430円払うなら駅そば300円の方が良かったと悔やんでいます。ところで今日発見したのですが、姫路駅南側のコンビニの横にある駅そばは「麺処木八」といって「まねき食品」とは別みたい。今日2階の本家駅そばで自販機でチケットを買おうとした瞬間にお客さんから電話が鳴って1分喋ってから再度自販機にお金を入れたら何故か返却される…おばちゃんに言うと「ごめんもう終わりやねん」だと、時計を見ると19:31、1分過ぎただけでしかもその前から買おうとしてたのを見てたはずなのに断られ(´ロ`)…。それで外側の店に行ったというわけ。本家よりも木八のおばちゃんの方が優しかった感じがした。


 

ランキング
殿
殿のBlogのハラヘタ




コラムニスト・書道家・俳優
・プロイラストレーター・殿・
グラフィックデザイナー・GB
・漫画家・美食家・ライター・企画開発室長・営業マン・負組など数多くの顔を持つ。
殿のコラム
殿のコラム2



ダイエット開始から158ヶ月目の今日の殿のコラム
ビットコインの購入なら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
殿のVALU
殿のVALU https://valu.is/15800








殿の漫画

どっちが強いか名勝負!






どっちが強いか名勝負!!
やくざ・プロレスラー・殺人鬼など、強くて当たり前の人達にコックさんや野球少年など弱者が勝負に挑む。

山中英暉(著)
A5判(15cm×21cm)
本文4ページ
発行1981年
出版:芳志出版
Archives
QRコード
QRコード
プロフィール

殿

Categories
kindle
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ