050628_1203~0001.jpg巻き寿司といえば「茶々」である。茶々の巻きを越える巻きには未だ遭遇した事がない。あれほど美味い巻きは茶々以外に存在しないと言っても過言ではない。ダシのきいた玉子に甘い椎茸のアクセントは絶品と言える。(当時1本700円ぐらいだったと思う)15年程前、茶々の板前数人と友達でよく深夜から明け方にかけて遊んでいた。彼らは店が午前2時に終わった後、夜な夜な我が家に手土産の巻きを数本持ってやって来る。そしてそれをみんなで食べながら熱く夢を語って夜を明かすのである。うち板前の1人が田舎(兵庫県宍粟郡山崎町)へ帰って「茶助」という店を出している。そういえば10年以上行ってないので近いうち行ってみよう。ちなみにに写真は茶々ではなく姫路駅の売店にある「まねき食品」の「特上巻き(500円)」である。


[人気blogRanking] ←要クリック!